FC2ブログ

Sweet Smile

平凡主婦・・・日々の「気付き」

Entries

悔みコメンント

本当にありがとうございました。
温かいお心 とっても嬉しいです。






人間の脳って
感情に蓋をする機能があるらしい。




閉じ込めておかないと
溢れて
止まらなくて

そうなると生活できなくなるから



鍵を掛けておけるらしい。









あの日も
木曜日
午前は仕事をして早引きで 午後は病院に居たて

じゃ また来るからね
って

片道1時間以上の道のりを
帰って
うちについてすぐに




母から
今夜危ないって言われた
って電話が来て
またすぐに病院へ・・・・





間に合ったので
帰国中の弟嫁
それから山梨在住の父の弟に連絡







みんなが集まっるまで待って
父は
静かに
旅立って行きました。







その顔が
笑っていたので








それが救い。








朝まで
みんなで居ました。






世があけると同時に
いろんなコトの手続き。

奇しくも
その日は退院の予定だったので・・・

元気になっての退院と違い
こういう場合の退院には
往診医師
訪問看護師
訪問ヘルパー
薬剤師
レンタル福祉用具
病院からうちまで父を運んでくれる
業者
ぜ~~~~んぶ別業者
全部手配済みだったので
キャンセルやら何やら
対応に追われ

病院からは 言葉は優しいけれど
意味的には早くベッドをあけろと言われ
退院手続きに 支払い

家族忙殺。

一睡もしないまま
うちに帰れば
何時間にもわたる
葬儀屋との打ち合わせ。


思考回路なんてとっくにストップしたままに
いろんなコトを決めていく。


変な話だけど
今はどうなんだろ 結婚式は簡素化されてるみたいだけど
私が結婚した頃の
結婚式代と同じような・・・・
普通 花がそんな値段なの?
って言うものが次々出てきて
それでも感覚麻痺してるから
0一個多いだろ~みたなものが次次決定していく
結婚式って準備期間数ヶ月でしょ
葬儀は準備期間数時間
それを寝てない頭で 決めていく。




翌日通夜
通夜開始は夕方だけど
午前から親戚が家に来て・・・・
ありがたいだんだけど
大人数になったら
食事の用意だってそれなりに大変。
買い出し行ったり
考える間もなく
とにかく動く。




通夜 夜。
会場に泊まり・・・・

葬儀屋は
昔は 線香を絶やすなと言いましたが 今はそんなコトよりも 体を休めるコトを優先してください
って言ってたんだけど

父弟が
やっぱり絶やさないようにしよう
って言いだしたにも関わらず 自分はさっさと寝やがって。
一番頑張ったのが 帰国してきた弟。
時差があるから ちょうどいいって言って ほどんと寝ないで 線香番をしていた。



告別式も
とにかくスケジュールはいっぱい
喪主の母は
挨拶とか絶対無理
って言うので
長男弟と 長女私が全部代行。




式には
近所の人が集まってくれるんだけど
私の記憶の中にある
おじさん おばさんたちが
みんな
おじいさん おばあさんになったな~って
変に冷静に見ていた。
時は確実に流れてるんだな~って。





火葬中の
食事時間には
家族挨拶(私)で
父の思い出話をして
親戚一同を感動の嵐に包んでやりました。
葬儀屋にも 感動しました
って言われたから。
これが 父の血なんです。
父も こういうのを最も得意としていましたから。



びっくりするよね・・・・・





あの
父が




あんなに
ちっちゃな
壺の中に
収まっちゃうなんてさ。





弟に抱かれて
帰宅しました。




通夜
葬儀の存在意味は



遺族に悲しむ暇を与えないコト



なんだってさ




実感したわ~~~~~
泣いてる暇なんて
全くない。





ずっとずっと感情はしまったままに
やるべきコトが押し寄せてくる・・・・。





そんな迷える遺族を救ってくれるのが
葬儀屋。
今回葬儀屋が素晴らしくて
仕事ができる
心遣いができる
両方が完璧な人だった。
声が優しくて優しくて
惚れそうだった(笑)
優しいだけじゃ ダメなんだけど
あの バタバタした中
あの人の仕事っぷりは 気持ちいいくらいに 隙無しだった。



式は一通り終わったけど
これから 
いろ~~~んな物の名義変更やら何やら
まだまだ手続きが
続きます。
弟が日本にいる間になんとかしなきゃ。


まだまだ
感情の蓋は鍵かけっぱなし。

そんな私に旦那が
お前は強いな~って。

可愛くない女で
ごめんっ。

私がほとんど 家に帰らなかった間
家事とか
子供たちを式場に連れてきたりなんだかんだ
式場では 駐車場整備までやっていた旦那には
感謝。






そんな
近況報告でした。
スポンサーサイト



ご案内

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
旦那はサラリーマン
私は介護士
息子大学生
娘高校生
猫♂
平凡を絵に描いたような一家です。

平凡な一家にも
いろいろある(笑)




拍手コメントありがとうございます♪
お返事は拍手欄にてしていきます☆
拍手欄では非公開コメントにお返事する欄が無いんです
なので非公開コメントにはお返事ができません
本当にごめんなさい・・・。
でも ありがたく読ませていだたいています。

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

ブログ内検索